オシャレなオフィスデスクがいっぱい|せっかく働くなら楽しい職場で

男の人

人間工学に基づく事務用品

デスク

机が仕事の効率を上げる

新人をはじめとする社員教育の手段としては、セミナーや研修が代表例ですね。いわばソフト面の改革ですが、ハードにも気を配らなければなりません。ここで言うハードとは、デスクや棚などのオフィス家具を意味します。仕事にふさわしい商品を選び、適切に配置することで、仕事の効率が上がります。たとえば、社員が疲れにくいチェアを導入することで、ストレスのない労働が可能となり、結果的に業績が向上するのです。従来型の四角い棚付きのデスクではなく、書類やスマートフォンを置きやすい形のものにすれば、手を動かす時間が短縮されます。キャビネットも透明で中が見えやすいものにすることで、書類を紛失したり、重要な案件を後回しにしたりすることがなくなりますね。オフィス家具の購入に費用がかかることは当然ですが、それを上回る費用対効果を得られるのです。

事務用品の通販が人気

人が快適に生活できる製品の開発を目指す、人間工学という学問があります。現在は人間工学に基づいたオフィス家具が多く開発されているため、人気が上昇しています。昔はただ座れるだけの椅子や物を置くだけの机も多かったですが、現在のオフィス家具には快適に働ける機能が搭載されているのです。インターネット通販でオフィス家具を気軽に注文できるようになったことも、普及を促進する要因と言えるでしょう。オフィス家具は見た目以上に重いですから、通信販売で事務所まで商品を届けてもらえるようになり、心理的な購入のハードルが下がったのです。また、事務用品専用の通販サイトで販売されるようになったことも、オフィス家具というカテゴリーの可視化につながりました。